スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力

勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力
勝間和代著
勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践

(総評)★★★★☆
 フレームワーク力というのは、要するに、何かを考えるときに既存の枠組みに当てはめてみて理解をたすける力と、自分なりに理解した。 確かに、やみくもにゼロの状態で考えるよりも、2x2のマトリックスとかに当てはめてみたほうが考えやすいだろうなと思った。 

7つのフレームワーク力のうち、①論理思考力と ②水平思考力 は特に大事で身につけるべきだなと思う。 日常業務の中で、常に仮説を立ててみて、その結果を検証すること・・・というのは、どんな仕事でも有効なことだと思う。 PDCAサイクルとか、研修でよく聞いていた言葉で、その時はなんのこっちゃ?と思っていたけど、この本で、ああ、そういうことかと理解できた気がする。

 仮説思考や、なぜ5回を繰り返すなどの論理的思考とともに、そもそもの前提を疑ってみたりの水平思考を組み合わせていきたいと思う。 

三毒の追放というのは、単純だけどとても大事なことだと思う。 

(内容メモ)
  • 「ビジネス思考力」とは・・・5つの要件 ①ビジネスの場を中心として ②限られた情報と限られた時間の中で ③より適切な推論・判断を行い ④より適切な行動を起こすことで ⑤より高い付加価値を生み出す能力
  • とくに 「②限られた情報と限られた時間の中で」 というのは重要。 多少あいまいな判断であっても早く出た結論と、十分な情報に基づいた判断でも行動が遅れた結論の二つでは前者が優秀だったというケースは少なくない。 拙速は避けるべきだが、鈍足はもっと避けるべき
  • 伸びる人の特徴として、「意思決定の内容の制度はイマイチだが、とにかく行動・決断が速い」ということがある。 「間違った仮説・結論であっても、仮説がないよりはずっとまし」

     
    > 要は失敗を重ねても、そこからいかに学ぶかが大事ということだろう。

  • 推論・判断が適切で速い人は、「フレームワーク力」が豊富であるため。
  • 「フレームワーク力」というのは、既存のフレームワークを正しく使う能力、そして新しく自分でフレームワークをつくっていく力
  • 「④より適切な行動を起こすことで」 というのが一番重要。 多くの人が、ここの実行部分をさぼる。 逆にいえば、行動さえできれば、圧倒的に他者より優位に立てる

    > 読書などでインプットばかりしても、アウトプットしなければ意味がないということ

  • ペンジャミン・ブルーム博士が提唱したテキサノミー理論をベースにした、思考の6段階モデル 
    「知識-理解-応用-分析-統合-評価」
  • 3つに分類 → 「空-事実認識(知識、理解)」 「雨-解釈(応用、分析)」 「傘-問題解決(統合、評価)」
  • ビジネス思考力を身につける3つの必須プロセス 
     ① 十分なレベルの「空」の情報、すなわち知識を得て、理解を深めること
     ② 得た知識とその理解から、「雨」の情報、すなわち自分なりの当てはめ方や、フレームワークを中心とした分析ができるようにしておくこと
     ③ 最後に、「傘」の情報、すなわち解釈を自分の考えや行動に行かせるかどうか
  • 学校教育の多くは知識、理解からせいぜい応用レベルにとどまる
  • 受験勉強の模擬試験などで上位の人たちは、過去問や予備校・塾でのパターン問題に過度に最適化してしまい、考える力が失われている場合もある。 そのため、すこし毛色の違った問題が出題されると、順位がひっくり返るケースもある。 勉強熱心な人にほど起こりがちな罠。

    > たしかに受験勉強では、問題のパターンさえ覚えればかなり点数を稼げてしまう。 センター試験の数学なんて、まさにその典型で、数学の思考力などあまり必要ないだろう。 逆にいえば、資格試験でのもっとも効率的な学習方法は、過去問をひたすら解くということか・・・。

  • 知識で終わっていることは借り物の知識であって、理解→応用→分析→統合を経てはじめて、自分の地となり肉となる
  • 地頭がいい人というのは、ふだんから、いかに、知識→理解→応用→分析→統合→評価の6つのプロセスを回し続けていけるかどうか
  • ビジネス思考力を身につけるには、すべての基礎となるしっかりとした知識を広範につけ、理解したうえで、一つ一つ、自分で考えてフレームワークに落とし、必要なら新しいフレームワークを自分でつくりながら、自分の行動につなげていくこと
  • フレームワーク力とは・・・何かの概念や考え方を自分なりに束ねて整理して、考えやすくするもの、覚えやすくするもの
  • 代表的なフレームワーク・・・・「空・雨・傘」 「戦略の3C」 「PDCAサイクル」 などなど
  • フレームワークを集めて暗記しても意味がない。 いつも、いろいろな情報をとりあえずフレームワークに当てはめて、理解してみること。 はみでた情報を再整理すると新しいフレームワークとなる。

    > 何かを考えるときに、とりあえず「空-雨-傘」などのフレームワークにあてはめてみる・・・・というのが、「フレームワーク力」を身につけるための最適な方法なのだろう

  • フレームワークは思考をより活発化し、助けるために存在するのであって、思考をさぼるために存在するものではない
  • 良書というのは、あとあと実生活で役に立つフレームワークをいかに残してくれるかということ
  • 7つのフレームワーク力・・・「知識・理解・応用・分析(①論理思考力、②水平思考力)・統合(③視覚化力、④数字力、⑤言語力)・評価(⑥知的体力、⑦偶然力
  • ①論理思考力・・・・基本となる3つのテクニック (MECE、ピラミッド・ストラクチャー、仮説思考)、4つの実践(日常業務で使う、論理パズルを解く、なぜを5回考える、観察から仮説をつねに立て続ける)
  • MECE・・・Mutually Exclusive Collectively Exhaustive  漏れなく、タブりなく
  • 新しい知識・情報を得た時、いつでも MECEな階層構造をイメージできるか、分解できるか
  • 仮説思考・・・「空-雨-傘」の「雨」の部分、すなわち 「雨が降りそうだ」という部分にあたる
  • たとえば同僚とランチに行く時、同僚がどのランチを頼むか? 仮説を立ててみる。 Aさんは男性でこってりとした料理が好きそうだから、とんかつを選ぶのではないか?(仮説) → 結果を見て検証する。
  • とはいえ「あと知恵バイアス」には注意。 本来、因果関係がないものにまで、限られた経験から、論理があるように当てはめてしまうことがある(ヒューリスティック)。

    > 「パプロフの犬」みたいにならないようにってこと。 音がなったらエサがでる・・・・みたいなトンデモ論理には注意

  • ②水平思考力(ラテラル・シンキング)・・・・論理思考力(ロジカル・シンキング)が絞り込む思考法だとすると、ラテラル・シンキングは広げる思考法。ロジカルが垂直の軸だとすると、ロジカルとラテラルを組み合わせることを「立体思考法」と呼ぶ
  • 想定した範囲外から解を出すこと。コンピュータには無理。
  • 基本となる3つのテクニック(前提を疑う、見方を変える、組み合わせてみる)、身につけるための4つの実践方法(アイディアの量を増やす、アイディアを試してみる、失敗から学んで修正する、チームを活用する)
  • ③視覚化力・・・基本となる3つのテクニック(画像のパワーを使う、デザインの力を身につける、画像と文字を組み合わせる)、4つの実践方法(イメージ・ストリーミング、マインドマップ、チャート化、夢の活用)
  • 「アフォーダンス」・・・afford  私たちに、それを用いて何ができるのかを認識させること。 
  • ④数字力・・・基本となる3つのテクニック(数字の意味を知る、数字に分解する、統計を読む)、4つの実践方法(統計データをみる習慣をつける、身の回りのわかっている数字を記録する、数字から仮説をつくる、数字を使って人に説明してみる)
  • ⑤言語力・・・基本となる3つのテクニック(なるべく多くの知識・説明を知る、言葉に落とす習慣をつける、比喩を意識する)、身につけるための4つの実践方法(読書・読書・読書、話す時間・書く時間の質量を高める、辞書を引き検索する癖をつける、ブログで訓練する)
  • それぞれの言葉は単純かもしれないが、その言葉が示す世界観を理解すること。
  • ⑥知的体力・・・基本となる3つのテクニック(身体と頭の関係を理解する、健全な精神が健全な発想を生む、食べ物と知力の関係を理解する)、身につけるための4つの実践方法(ブレインジムの体操を行う、聴覚・触覚・味覚・嗅覚を鍛える、三毒を追放する、身体にいいものを中心に生活する) 
  • 三毒とは仏教のことばで「妬む・怒る・愚痴る」こと。これらをしないことで煩悩が去る。
  • ⑦偶然力・・・基本となる3つのテクニック(偶然のチャンスを生かす、つながりを見つける、無理に格好をつけない)、身につけるための4つの実践方法(よいチャンクを集める、つねに観察し続ける、魅力的な人々に会う、つねに周りをポジティブな視点で見る)
  • 偶然力・・・セレンディピティ。あてにしていないものを偶然うまく発見する能力
  • 「信頼から始めるしっぺ返し戦略」 囚人のジレンマが教えてくれる戦略。 信頼してくれた相手には信頼で返す。相手の戦略がわからないときには、信頼から始める。相手を信頼し、つねにポジティブな目で、新しい出会いを求めていく、そして相手が裏切らない限り、自分も相手を信頼しつづけるというのが、偶然性の中から幸運をつかむカギになる



勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践
勝間 和代
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 1642
おすすめ度の平均: 4.0
1 糞本
4 仕事の効率化のためのビジネス思考力の鍛え方
1 勝間さんのしたたかさに感服!
3 ビジネス思考力を鍛える方法を教えてくれる本
1 評価の値しない






関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

さぼてん

プロフィール: さぼてん

普通の会社員♂ 新婚です。
共働き新婚生活を気ままに記録しています。

興味のあることは iPhone, 家電, 料理, 筋トレ, ハムスター, 読書録, 旅行などです。

基本的には自分のための備忘録的日記。たまに、家電や本などのレビューで、他の方の参考になればと思っております。

相互リンク・・・というか友達募集中です ^^;

>>くわしいプロフィールはこちら☆

saboten_chang@yahoo.co.jp


屋久島町 ホテル口コミはトリップアドバイザー
トリップアドバイザーにお勧めブロガーとして認定されました^^

レビュープラス
レビュープラスのレビューアーです^^

全記事表示リンク

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

タグリスト

FC2拍手ページランキング

ブログランキングなど

よかったらクリックをお願いします↓

にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ  にほんブログ村 ハムスターブログへ



人気ブログランキングへ

Yahoo!ブックマークに登録

楽天おすすめ

広告

メールフォーム

相互リンクなど、お問い合わせはこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ページランキング

あしあと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。