スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「心の翼」の見つけ方

「心の翼」の見つけ方
「思い込み=常識」を捨てれば世界が変わる!
 8つの心の習慣
浜口隆則

「心の翼」の見つけ方

(総評)
  心の持ちようによって人生っていくらでも変わると思う。幸せになるための考え方、「心の8つの習慣」について、わかりやすい言葉で解説してくれている。 現代の寓話のような素敵なショートストーリーが、8つの習慣それぞれにはさまれていて、心に印象として残った。

(内容メモ)

  • ゼロの習慣: 「何かを足さないと成長はできない」という思い込みを捨てる
      何かを足すことだけではなく、時には何かを捨てたり、離れたりすることで成長できる場合もある
  • 第1の習慣: 「自分にはできない」という思い込みを捨てる
      私たちは自己像通りの自分になっている。 悪い自己像や過小評価した自己像はだめ。良い自己像や、自分の目標とするような自己像をもつように努力すること。
  • 第2の習慣: 「失敗しちゃいけない」という思い込みを捨てる
      多くの人は、失敗を結果だと思っていることに対して、成功者は失敗をプロセスだと考える。失敗の反対は成功ではない、「何もしない」こと。「やらない」ということにもリスクがある。
  • 第3の習慣: 「仕事は嫌なこと」という思い込みを捨てる
      仕事は人生のセンターピンのようなもの。仕事が楽しければ、人生の他の部分も連鎖的に楽しくなっていく。仕事を好きになるためには、仕事を真剣にやってみること。
  • 第4の習慣: 「運はコントロールできない」という思い込みを捨てる
      雪が降っても自分の責任と思うぐらい、すべてのことに言い訳をしないこと。他人や周囲のせいにして他人を変えようとするのではなく、自分の責任と考えて自分を変えるように努力すること。
  • 第5の習慣: 「お金は汚いもの」という思い込みを捨てる
      お金というものは社会に提供した価値の見返りとして受け取るもの。
  • 第6の習慣: 「自分らしさは悪いこと」という思い込みを捨てる
      人と違うことをするのは悪いこと、好きなことをするのは悪いことと、無意識に思っている。
  • 第7の習慣: 「成功しないと幸せになれない」という思い込みを捨てる
      幸せは何かの結果だというのは思い込み。日常の小さな幸せに気づくこと。
  • 第8の習慣: 「自分はひとりで生きている」という思い込みを捨てる
      「give & take」 ではなく 「give & given」  他人に与えるから、他人から与えられる。

「心の翼」の見つけ方
浜口 隆則
フォレスト出版
売り上げランキング: 52997
おすすめ度の平均: 4.5
3 高レビューですね。
4 大人の童話のようなビジネス書、読後感がとても爽やか!!
5 いい本です
4 中盤からが特に良いだけに!
4 客観性のある成功本







関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

さぼてん

プロフィール: さぼてん

普通の会社員♂ 新婚です。
共働き新婚生活を気ままに記録しています。

興味のあることは iPhone, 家電, 料理, 筋トレ, ハムスター, 読書録, 旅行などです。

基本的には自分のための備忘録的日記。たまに、家電や本などのレビューで、他の方の参考になればと思っております。

相互リンク・・・というか友達募集中です ^^;

>>くわしいプロフィールはこちら☆

saboten_chang@yahoo.co.jp


屋久島町 ホテル口コミはトリップアドバイザー
トリップアドバイザーにお勧めブロガーとして認定されました^^

レビュープラス
レビュープラスのレビューアーです^^

全記事表示リンク

カレンダー(月別)

01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

タグリスト

FC2拍手ページランキング

ブログランキングなど

よかったらクリックをお願いします↓

にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ  にほんブログ村 ハムスターブログへ



人気ブログランキングへ

Yahoo!ブックマークに登録

楽天おすすめ

広告

メールフォーム

相互リンクなど、お問い合わせはこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ページランキング

あしあと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。