スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たりないお金

たりないお金
20代、30代のための人生設計入門
竹川美奈子

たりないお金―20代、30代のための人生設計入門

<2009/11/29>

(総評)
 自分の人生設計を考える上で、若いうちにぜひ読んでおくべき本だと思う。こういう類の本は何冊も読んでいるが、かなり読みやすく分かりやすく書いてあるように思う。 住宅の購入について、賃貸と分譲のどちらが得かという議論が必ずあるけど、この本では「賃貸がよい」とシンプルに書いてあった。その理由も分かりやすく納得できた。

 ただ、住宅については、それぞれ個人の価値観があるから、単なる金銭的な損得ではないよなとは思う。結婚とか住宅とか、大事なことはコストで決めないってこと。ただ、本書にも書いてあったけど、家を購入する場合は、なるべく頭金を多く用意して、長期のローンは避けるべきだと思う。そうでないと、金利分を非常に多く払うことになってしまい、無駄になってしまう。それに、一度ローンを組んでしまったらほぼ逃げられない、途中でやめられないってことは、しがないサラリーマンにとってはかなり怖いことだよなぁと思う ^^;;

住宅ローンについては、このブログがとても参考になりました。
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20091018


(内容メモ)
    人生の5大支出について
  • 平均的な大卒サラリーマンの収入は 2億7600万円。手取りは 2億2000万円ぐらい。
  • そのうち、人生の5大支出 (1. 住宅、 2. 車、 3. 保険、 4. 教育費、 5. 老後資金) の合計は1億5000万円程度。
  • 内訳は、住宅 5600万、車 2000-4500万、保険 1500万、教育費 1人あたり 800-2000万、老後資金 3000万。
  • 残りのお金だけで生活費をすべてまかなうのはかなり厳しい。「たりないお金」をどうにかしなければいけない。
  • 発想を転換すること。 1.住宅 → 賃貸を選択肢に、2.車 → 都市部の人は購入しない、3.保険 → なるべく入らない 4.教育費 → どこまで出すか検討、5.老後資金 → 公的年金で足りない分を自分で用意する
  • 「金利を支払う側」 から 「金利をもらう側」 に回る。 住宅を賃貸にし、安い保険に入りなおすだけで、約2800万円のお金を浮かすことができる。
      改善前: 住宅費 6800万(購入費 4500万 + 金利分 2300万 ) + 保険料 1000万 = 7800万円
      改善後: 住宅費 4700万(30年分の家賃) + 保険料 300万 = 5000万円

  • 住宅は必ずしも購入しなくて良い。その理由 1. サラリーマンの支払能力は安定していない。リストラされたら破綻する。 住宅ローンで家を買うことは、借金をして巨額の金融投資を買うということで、超ハイレバレッジ投資である。 2.資産形成の機会を奪われる。 住宅ローンの分を、投資にまわせば資産を増やせる可能性がある。 3.人生の段階に応じて「家」に求めるものが変わってくる。 子供の誕生、独立などで必要な家の大きさは変わる。
  • 「賃貸は、若いうちはいいけれど、年をとったときに借りられなくなるのではないか」という心配にんついて。 これから社会の高齢化が進むと、高齢者向け賃貸市場が育つことが予測されるので心配はないと思う。
  • それでも家がやっぱり欲しいという場合は、すべてキャッシュでとまではいわないにしても、せいぜい10年(長くても20年)でローンを完済できる、無理のない返済額であることが大前提。
  • 家を買う場合、長期ローンを避けるため、購入価格が低めの築年数の浅い中古物件などを考慮にいれるとよい。「高額の金融商品を買う」という投資の意識で選ぶことが大切。地価の下がりにくい場所を選ぶという意識が重要。
  • 一般的に、日本人は保険に入りすぎ。 なるべく保険にははいらないように。 とはいえ、子供ができたら死亡保障は必要。 「逓減定期保険」がおすすめ。 自分が年をとるごとに(子供に手がかからなくなるごとに)、死亡保障が下がっていくため、無駄な保険料を払わなくてすむ。
  • 医療保険は、預金があれば必要ない。 その理由1. 医療費の上限月額は意外と低い。上位所得者でも8万円。一般の人なら4万円程度。 民間の医療保険に入らなくても入院費の心配はそれほどない。 2.入院日数の平均は40日程度と縮小傾向。 預金であれば後に残るので病気にならなければ他の事に使えるが、保険の場合、病気にならなければすべて無駄になる。
    投資について
  • 投資の前に半年分の生活費を貯めること。 自己都合で会社を辞めたとき、失業給付金がもらえるまで4ヶ月程度かかるので。
  • インデックス投信などのコストの安い投資信託を自動積立する。
  • 確定拠出年金が使える人は積極的に利用すること。 確定拠出年金は、いわば 「節税機能付きの投信積立のしくみ」。 企業型 401k で導入されている投信は保有コスト(信託報酬)が安く、販売手数料は無料なので、通常の投信よりもさらにお得。 インデックスファンドであれば、信託報酬が 0.1% 台と、普通に比べて 4分の1程度に抑えられている。 おまけに運用期間中の運用益は非課税のため、複利効果が高く、しかも会社が掛け金を負担してくれる。

    厳しい時代を生き抜くためのお金の知識
  • 民間の年金には入っていけない。 民間の年金について考えるポイント。 1.低コスト、2.換金のしやすさ、3.インフレに勝てるか。 
  • 公営の住宅を活用する。 民間の住宅に比べて家賃が安めに設定されていて、礼金や仲介手数料、更新料がかからない点がメリット。 行政独立法人都市再生機構が運営するUR賃貸住宅の場合、実は抽選ではなく先着順で決まる。 頻繁に問い合わせをして、よい空きがでるのを待って、すぐに申し込めば入居できる可能性は高い。 
  • 国民年金には障害・遺族年金の機能がある。 たとえば、1級の障害を負った場合には、年間約99万円がもらえる。 老後にもらえる老齢基礎年金は、私達が支払う保険料とは別に、税金から2分の1が補てんされる。民間の保険会社に比べて、かなり有利。 遺族年金は意外とかなり手厚い。民間の保険があまり必要ないかも。


たりないお金―20代、30代のための人生設計入門
竹川美奈子
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 29840
おすすめ度の平均: 4.0
4 65歳で曇り空
4 とても読みやすく理解しやすいです
4 「たりないお金」はお金の必修科目と言えそうです
5 結婚して数ヶ月~数年の人におススメ







関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

さぼてん

プロフィール: さぼてん

普通の会社員♂ 新婚です。
共働き新婚生活を気ままに記録しています。

興味のあることは iPhone, 家電, 料理, 筋トレ, ハムスター, 読書録, 旅行などです。

基本的には自分のための備忘録的日記。たまに、家電や本などのレビューで、他の方の参考になればと思っております。

相互リンク・・・というか友達募集中です ^^;

>>くわしいプロフィールはこちら☆

saboten_chang@yahoo.co.jp


屋久島町 ホテル口コミはトリップアドバイザー
トリップアドバイザーにお勧めブロガーとして認定されました^^

レビュープラス
レビュープラスのレビューアーです^^

全記事表示リンク

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

タグリスト

FC2拍手ページランキング

ブログランキングなど

よかったらクリックをお願いします↓

にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ  にほんブログ村 ハムスターブログへ



人気ブログランキングへ

Yahoo!ブックマークに登録

楽天おすすめ

広告

メールフォーム

相互リンクなど、お問い合わせはこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ページランキング

あしあと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。