スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語ハックス

英語ハックス   
佐々木正悟・堀 E. 正岳著

楽しく、ラクに、シンプルに! 英語ハックス

<2009/11/27>
評価(5段階)
役立ち度:★★★★
  面白度: ★★★

(総評)

 自分に必要な英語力とは何かを考えて、必要な最低限の英語力を確実に身につけるための現実的なハックスが紹介されている。 大切なのは、なにも英語ペラペラになる必要はなく、自分にとってどんな英語力が必要かを考えることが、まずは大事。 受験生にとっては大学に入るための英語だろうし、留学希望者にとっては、海外で英語で学習できる能力といったことだろう。 そして、僕にとっては・・・・・と考えると、あれ、そもそも英語って必要??なんて思ったりして ^^;; まぁ、普段から英語の文章は仕事で毎日のように読んでいるわけで、リーディングだけ出来ればよいのかなと思ったりもする。 だけど、とりあえず TOEIC で 900点ぐらいを出せるような英語力がほしい。それが何になる?と考えると、うーん、、、、とも思ってしまうけど。
 

  「単語記憶術」、「スピーキング」、「リスニング」、「リーディング」、「ライティング」 それぞれについて、7個ぐらいの具体的なコツや技術が紹介されているので、そのうち自分にあっていそうなものを取り入れて実践してみるとよいと思う。


  TOEIC テストでスコアを上げるための具体的なコツもいくつか紹介されていて面白い。 TOEIC のお勉強の本はいっぱいあるけど、こういう技術的なコツというものを紹介している本は貴重な気がする。 このTOEICハックスを体得して、スコアアップを目指したいなぁ。



(内容メモ)


英語学習のハックス

  • 英語を勉強するときに「英語マスター」を目指す必要はない。 何も完全に英語を身につけなくても良い。
    自分に必要な英語力を目指せばよい。 「自分に必要な英語力」を身につけている人といない人の最大の違いは「何が自分に必要な英語力なのかを知っているかどうか」である。
  • 英文の99%は、単語全体の1%に満たない単語によって書かれている。 パレートの法則(80対20の法則)は、語学にこそ適用される。 語学学習を効率的に行うコツは、超頻出単語を徹底的に集中して学ぶこと
  • 英語学習を続けるこつ。 学習したことを「記録」すること。 ラジオ体操のスタンプと同じで、記録することで「自己効力感」をしっかりと実感できるようになり継続できる。 記憶としては忘れても、記録として残すことで、自分が達成したことをはっきりと意識できるようになり、継続可能となる。
  •  大事なのは 「発音ではなく、発話ができること」 発音がちょっとおかしくてもよいから、とにかく英語で話すことが上達のためには大事。そのトレーニングには 「えいご漬け バリンガシステム」 などがおすすめ。
  •  英語のリスニングがむずかしいという人は、「心の口で話す」部分と「心の耳で聞く」部分が弱い。 
  • iPhone ポッドキャストは通勤時間中のリスニングには最適。 単に毎日1時間聞くだけでも効果はある。
  • まずは英語のマンガを100冊読む。 「文章を読むことはできるが、長く読んでいると苦痛を覚える、時間がかかる、楽しいとは思えない etc」というのは識字障害の人と同じ。 情景をイメージしながら、台詞を「聞く」ように心がけ、大量のマンガを夢中になって読むことで、改善できる。
  • 1冊の原著を繰り返し読む。英語がそこそこ得意な人でも、英語の本をよむと内容が頭にはいってこない。これは、日本人が英語を読むときに、「読む」といおう作業に脳が忙しく働いているので、「短期記憶」があまり使えなくなっているから。
     そこで、同じ本を繰り返し読むことで、短期記憶を活用しながら英語を読む機会をふやす。


TOEICテストのコツ
  • 高得点をとるためにまず必要なのは、「時間の使い方の訓練」である。
  • TOEICテストは、ひねりの少ないビジネス英語を中心に作られている
  • 英語能力のテストというより、与えられた時間で英語に対してどれだけ反応できるかという「リズムゲーム」である。
  • 英語ネイティブの人でも、「文法的に説明することはできないけれども、この答えは間違っている。正しいのはこちら」というふうに正解を導いていく。そういった英語の「語感」が大事。
  • そういった語感を身につけるためには、膨大な経験が必要。ただし、TOEICで点を取るためだけなら、単純に、まるで「写経」をするように、「模擬試験を端から端まで筆写しつつ、口で音読する」ということ。
  • リスニングでまず一番大事なのは 「5W1H」 の疑問視の文章を聞き取れるようになること。
  • 次に、聞き取ったフレーズから 「いつ」「どこで」「何をしている」を埋められる耳を開発すること。この3つのうち、2つの情報を拾えれば答えにたどり着ける。
  • 耳を鍛えるのにもっともよいのはパート2。模擬試験のパート2を iPod にいれて、ランダム再生でひたすら聞き続ける。
  • リーディング問題は “4段階変速ギア” で駆け抜ける。 「完全に理解できてから答える」のではなく、「5秒・10秒・20秒・30秒の制限時間内に得られた理解で答える」という癖をつけること。
     5秒: 品詞の代入、時制の一致、単純な前置詞の問題、空欄の前後で即答 
    10秒: 語彙、接続詞の種類。問題と選択肢を何度か目が往復。
    20秒: 文章を理解しないと答えられない問題
    30秒: 理解に時間がかかる問題
  • 長文問題の負担を軽くする「3つの力」 1.先読み力  2.検索力  3.想像力
     1.先読み力: リスニングのパート4で大事。耳で聞きながら、問題文と選択肢を同時に読み取る
     2.検索力: 長文からキーワードを Google のように見つける。
     3.想像力: 一般的な常識から答えを想像する。 TOEICの文章に意外な展開はない。
  • 7つのマークシートハック。 答えが分からないときに使う。
     1.他の選択肢が具体的なら、一番漠然とした答えを選ぶ
     2.他の答えがもっと短いなら、極端に長いものを選ぶ
     3.似たような答えが二つあるなら、どちらも除外する
     4.相反する答えが二つあるなら、そのどちらかを選ぶ
     5.数値がいくつかあって真ん中の値があるなら、それを選ぶ
     6.問題文と類義語があるならそれを選ぶ。 全く同じ語があるなら避ける。
     7.決め付け調の答えは除外する 「全員~しなければならない」、「いつも~だ」、「~だけしか~できない」など。
        only, all, always, every, never, none など
  • 全く分かれなければ、(c)を選べ!


楽しく、ラクに、シンプルに! 英語ハックス
佐々木 正悟 堀 E. 正岳
日本実業出版社
売り上げランキング: 55892
おすすめ度の平均: 5.0
5 ライフハックで英語を学ぶ
5 マンネリ化を防ぐために役立ちました
5 英語スキル獲得への実践的ハウツー本
4 楽しんで英語力を増強させる「ディレクトリ」満載
5 「脳とツールを使いこなす『快的』英語勉強法」


↓公式問題集の「写経」を僕もやってみようと思います。








関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

さぼてん

プロフィール: さぼてん

普通の会社員♂ 新婚です。
共働き新婚生活を気ままに記録しています。

興味のあることは iPhone, 家電, 料理, 筋トレ, ハムスター, 読書録, 旅行などです。

基本的には自分のための備忘録的日記。たまに、家電や本などのレビューで、他の方の参考になればと思っております。

相互リンク・・・というか友達募集中です ^^;

>>くわしいプロフィールはこちら☆

saboten_chang@yahoo.co.jp


屋久島町 ホテル口コミはトリップアドバイザー
トリップアドバイザーにお勧めブロガーとして認定されました^^

レビュープラス
レビュープラスのレビューアーです^^

全記事表示リンク

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

タグリスト

FC2拍手ページランキング

ブログランキングなど

よかったらクリックをお願いします↓

にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ  にほんブログ村 ハムスターブログへ



人気ブログランキングへ

Yahoo!ブックマークに登録

楽天おすすめ

広告

メールフォーム

相互リンクなど、お問い合わせはこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ページランキング

あしあと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。