スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親子で学ぶマネーレッスン

親子で学ぶマネーレッスン
岡本和久著
親子で学ぶマネーレッスン

(総評)
  お父さんが中学生の娘さんに、経済のことをおしえるという設定。 大体知っているようなことが多かったけど、やっぱり基本は大事だと思う。 そういう意味で、基本的なことを1から見直すのにちょうどよかった。 お金は 「感謝のしるし」 ととらえるとか、若い世代は自分に投資する・・・など、当たり前のようで、ちゃんと意識していないことだよなと思った。



人気ブログランキングへ

レビューポータル「MONO-PORTAL」
スポンサーサイト

弾言

弾言
成功する人生とバランスシートの使い方
小飼弾著
弾言 成功する人生とバランスシートの使い方

(総評) ★★★☆☆
 自分を会社ととらえ、バランスシートをイメージして人生戦略をたてる・・・というのは新しい発想で面白いなと思った。 これからの時代は、モノ(負債)ではなくヒト(資本)が大事になってくるから、自分にどんどん投資して、自己資本比率をあげて、健全な経営を目指しましょう、、、と僕は解釈しました。 まったくの正論だと思います。 そういう意味では当たり前のことしか言っていない気もするけど、バランスシートというもので説明するのは面白かった。

(内容メモ)
  • 自分という会社を立て直すために、まずは経費削減から始めること。 問題を解決するために基本は、自分でできるところからやるということ。
  • サラリーマンには隙間時間がいっぱいある。 その時間は、勉強や仕事のスキルアップなど、自分の価値を向上させるための内職に充てること。
  • 日本はサービス残業が多い。 オランダは日本人の7割しか働いていないのに、一人当たりGDPは日本と同じぐらい。
  • 残業なしでも生活が送れるようにすること。 残業代をあてにして住宅ローンを組んではいけない
  • 時間がちょっとでも空いたら、本を読め
  • 読書に限らず、情報を取り入れる時は、問題意識を持っていることが重要。 自分は何を知るべきかは、自分に何が足りないかを考えれば見えてくる。 
  • 本を読んだら、次は「自分」を読む。 その本を読む前の自分と、読み終わった後の自分がどう変わったかを意識する。
  • 利己的の大義とは利他的ではなく、自虐的。 人はみな、他人のために何かできるわけがない。
  • ただし、自分が気持よくなりたければ、先に他人を気持ちよくさせるというのは真理。
  • なんでも自分のせいだと考えてみる。 知らない女の子が悲しい顔をしているときに、自分のせいだと思える人がもてる。
  • 突き詰めて言えば、人生は目標や目的ではなく、過程。 「手段と目的を違えるな」ではなく、むしろ「目的を手段と違えるな」 目的を設定することはむしろ手段。 現在の道のりがつらい時は、それを十分に緩和できる目的があればよい。
  • 汚いカネはない。 2000年前ローマ皇帝ウェスパシアヌスが有料公衆便所をつくった。 敵対者の嘲笑に対し、「この金は臭うか?」 今でもイタリアの公衆便所はウェスパシアヌスという。
  • 自分に必要なキャッシュフロー(生活費)を普段から把握しておく。
  • カネの保存則 「空間軸に対して等方、時間軸に対して非等方」 物価は上昇するし、経済は徐々に大きくなっていく。
  • 「いいか悪いか」ではなく、「ナンボ」で考える習慣をつける。 定性的な思考ではなく、定量的に考えること。
  • 成長したければ、今の自分の能力 + 20% の仕事をすること
  • 「モノ」 は増やすことができない。 根源的にモノを所有することなできない。 せいぜい80年レンタルにしかならない。
  • バランスシート:  資産 = 負債 + 資本、 カネ = モノ + ヒト
  • 昔は ヒト << モノ で  カネ = モノだったが、今は  ヒト >> モノ となっており、カネ = ヒト となりつつある。


人気ブログランキングへ

レビューポータル「MONO-PORTAL」

夢をかなえる勉強法

夢をかなえる勉強法
伊藤真著
夢をかなえる勉強法

(総評) ★★★☆☆
 単なる勉強テクニックのハウツー本ではなかった。 何のために勉強するのか? 人生の目標とは何か? 恥ずかしいぐらいに真摯に勉強と向き合った本だった。 受験生時代は、大学入試という明確な目的があったから頑張れたけど、社会人になると、何のために勉強するのか?という明確な意識がないと、勉強って長続きしないよなーってつくづく思う。

 逆に言うと、大学に入学する前に、もっと「何のために勉強するのか」をちゃんと意識しておけばよかったと思う。 ただなんとなく勉強して、なんとなく大学にはいって、なんとなく就職してしまったかんじがする・・・。 別に後悔はしていないけど、もっと若い時にこの本を読んでいれば、もっと将来のことをしっかりと考えて、有意義な勉強、進路選択ができたろうになと思う。 若い人こそ読むべき本だと思う。

テクニック的なことでも参考になる点は多かった。 目次をコピーしてしおりにするというのは、なかなか思いつきそうで思いつかない良案だと思った。 とりあえず機械的に章だてと項目をマーキングすることで全体を把握する・・・というのも、今後使ってみようと思う。 

(内容メモ)
  • 合理的な勉強法としてまず大事なのは 「全体像をつかむ」 こと。 「体系」を把握するのが大事。
  • 全体像をつかむ勉強法のおすすめ。 目次をコピーする。
  • 本を読みながら、コピーした目次をみて、自分が今どこを読んでいるのか、全体の中の位置づけを確認する
  • わざわざコピーせずとも、前の方にある目次をみればいいと思うけど、それだと思考が中断されてしまうため良くない。
  • コピーした目次は、しおり代わりに本にはさんでおく
  • 「はじめに」と「おわりに」を先に読んでしまうのも、「全体像をつかむ」という点でおすすめ
  • 人はもっと謙虚にならなければならない。謙虚であれば必ず何かが吸収できる。とくに未熟なうちは、その謙虚さが大切なのだ。
  • 謙虚さがあれば、本を読んだり、話を聞いたりしたときも、新鮮な驚きをもって新しいことを吸収できる。 赤ん坊といっしょ。
  • 本を選ぶ時・読むときに大事なこと。 「その本がどういう目的で書かれているのか」、「自分はどういう目的で読むのか」を意識すること。
  • 資格勉強のコツ。3色でマーキングする。 章だてのマーキング、内容を区別する項目わけのマーキング、重要度によるマーキングの3つ。

    > 章と項目を機械的にマークしてくのは一見無駄のようだが、コピーした目次をみながらマークしていくことで、読み始める前に全体像を把握できるようになるとのこと
  • 予習の目的は講義の中で疑問を発見すること。
  • 講義が終わった後の5分間は、復習のゴールデンタイム
  • 人生の分岐点で選択に迷った時は、リスクよりもワクワクする方を選ぶ。どんな道を進んでもリスクは必ず存在する。 なので、すべてが思い通りにうまくいったとしたら、どちらがよりワクワクできるかで考える
  • 自分の人生の目標は何か? それはなぜか? そのために何をしているのか? その答えを探すために、私たちは勉強をしているのである。
  • 成功した人は、みな同じことを言っている。 利他の心で動けば、何かが助けてくれる。
  • 口に出して言う言葉はプラス思考のものときめること。 否定的な言葉を使う人のそばに行ってはいけない。


人気ブログランキングへ

レビューポータル「MONO-PORTAL」

プロフィール

さぼてん

プロフィール: さぼてん

普通の会社員♂ 新婚です。
共働き新婚生活を気ままに記録しています。

興味のあることは iPhone, 家電, 料理, 筋トレ, ハムスター, 読書録, 旅行などです。

基本的には自分のための備忘録的日記。たまに、家電や本などのレビューで、他の方の参考になればと思っております。

相互リンク・・・というか友達募集中です ^^;

>>くわしいプロフィールはこちら☆

saboten_chang@yahoo.co.jp


屋久島町 ホテル口コミはトリップアドバイザー
トリップアドバイザーにお勧めブロガーとして認定されました^^

レビュープラス
レビュープラスのレビューアーです^^

全記事表示リンク

カレンダー(月別)

01 ≪│2010/02│≫ 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

タグリスト

FC2拍手ページランキング

ブログランキングなど

よかったらクリックをお願いします↓

にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ  にほんブログ村 ハムスターブログへ



人気ブログランキングへ

Yahoo!ブックマークに登録

楽天おすすめ

広告

メールフォーム

相互リンクなど、お問い合わせはこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ページランキング

あしあと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。